大した変化がないのは

なかなかダイエットの効果が表れない。少々うんざりしている毎日です。ベルトの穴一つ分痩せたいといのが当面の目標なのだが、まだまだ成果が見えない。真剣に悩むほどの事ではないが、成果が見えたほうがやりがいがあるのだ。体重は減ってきたので、そちらで成果を確認できるが、実際的なベルトの穴で計るというところまで達していない。体重が減っても腹囲で大した変化がないのは、年齢的な問題もあるのかもしれない。大体年がゆくと、体の筋肉がゆるんでくる。従って、立っているときは筋肉が下のほうへと垂れ下がる。この筋肉というのは腕や脚に付いているものだけでなく、内臓を支えている筋肉も同様である。すなわち、胃や腸が下へさがり、お腹のほうへ下りて行ってお腹にたまり、腹囲を大きくしていると考えられないだろうか。もしそうであるなら、お腹の脂肪を相当取らないと、ベルトの穴一つ分余裕がでることはない。そうであれば、もう少しヘビーな方法で痩せるよう、再考せざるをえない。そうなると以前の二の舞になる可能性がでてくる。食事を管理するというのは結構ツライものがあり、挫折してしまう確率大だ。楽してとは思わないが、なんとかイージーに出来る方法はないものかと思う。
飲むだけのダイエットと今注目されている酵素ダイエットは簡単に痩せられるイメージだ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ